ICETの自主映画配信サイト「ディレクターズチェアー」に追加映像 
[ 2005/10/05 ]
こんどはガーナからの参加です。面白い映像です。
彼からコメントが届いています。しっかりした考えがあるのですね。

Diversity is the trigger for this short film. Every individual
contains a different set of information established by the kind of influences and interests he/she collects through life. We tend to identify ourselves with a dominant culture, whether is through political, economic, scientific, religious, social or cultural relations; in that practice we build a set of identities.
David asked the participants of cultural pandemonium))) to express themselves through a simple noise. The result is a narrative built upon the diverse mix of identities; a noise from the jungle, a manufactured buzz, part of a prayer, a tune from childhood or a national anthem, they all are instant expressions describing an origin of influence.


人種の多様性が、この作品を作ったきっかけです。私たちは、自分の人生で築いた人間関係や興味や関心によって、一人一人異なった知識を蓄積し価値感を持っています。政治、経済、科学、宗教、社会関係などと対比させて自己の存在を確認し、そこから自己の立場や存在理由を確立させています。
デイヴィッドは作品"cultural pandemonium"で参加者に単純な音によって自分達を表現してもらいました。そしてさまざまなアイデンティティーの多様な調和の上に物語が作り上げられました。ジャングルの騒音、人工的な音、祈りの一説、童謡や国家への憧憬、それら瞬時の表現は全て個人の存在の証をあらわしているのだと思います。




出典 / 関連リンク : http://www.icet.jp/dc/index.html




ICET - Center for International Cultural Exchange of Technology
Nagoya, Japan and Berkeley, California