助成金のご案内です 
[ 2009/07/07 ]
事務局より助成金のご案内です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

財団法人 科学技術融合振興財団【小型】
平成21年度 助成金・補助金応募
■対象分野
課題A.シュミレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B.(1)情報技術、ネットワーク技術を応用したシュミレーション&ゲーミングによる
      学習用ソウトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術
      啓発活動)
      (2)社会に役立つシリアスゲームの調査研究
課題C.シュミレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
■申請資格
国内の大学、研究所等の非営利の研究機関に所属する研究者で、正式部局員
■助成額
課題A、課題B 1件50万円〜150万円程度
課題C 1件20万円〜50万円程度
■締め切り
平成21年10月15日(木)・郵送のみ・消印有効・申請書名を朱書
■詳細
http://www.fost.or.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

(財)コニカミノルタ画像科学振興財団【小型】
平成21年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞
■対象分野
㈰画像に関する材料及びデバイスの研究
㈪画像に関するシステム及びソフトウェアの研究
㈫画像に関するその他の先端的な研究
■申請資格
日本の大学、国公立及び民間公益研究機関の画像科学に関する研究者で、個人また
はグループ。年令は40歳以下(応募締切の9月30日現在、グループは代表者)。
■助成額
奨励賞は4件程度、副賞1件100万円とし、進歩賞は5件程度、副賞1件50万円
■締め切り
平成21年9月30日(必着)
■詳細
http://konicaminolta.jp/pr/foundation/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

財団法人 朝日新聞文化財団【中型】
「朝日賞」候補者推薦
■対象分野
学術、芸術
■申請資格
学術、芸術などの分野で傑出した業績をあげ、わが国の文化、社会の発展、向上に
多大の貢献をされた個人または団体
■助成額
正賞のブロンズ像と副賞1件500万円
■締め切り
8月31日(月)
■詳細
http://www.asahi.com/shimbun/award/asahi/suisen

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

科学技術振興機構【大型】
重点地域研究開発推進プログラム(育成研究)「平成21年度研究課題」募集
■対象分野
大学等の研究成果を企業化に向けて育成し、地域におけるイノベーションの創出を
目指す。
■申請資格
(1) 代表研究者
・ 研究課題の基となる研究成果の創出にかかわった者であること。(原権利が特許の
 場合はその発明者であること。)
・ 研究期間中、日本国内の大学等に常勤の研究者として所属していること。
(2) 共同研究企業
・ 大学等の研究成果を利用して企業化するにあたり、必要となる研究基盤や体制を有
 していること。
・ 企業に所属する研究者が研究課題の開発分担研究者となること。
・ 国内に法人格を有すること。
■助成金
1課題あたり1年度2,600万円以内
■締め切り
8月6日(木)正午
■詳細
http://www.jst.go.jp/chiiki/ikusei/index.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

国際交流基金日米センター
安倍フェローシップ
■対象分野
1. 外交と安全保障:伝統的および非伝統的アプローチ
2. 世界経済および地域経済の諸問題
3. 市民社会の役割
■申請資格
・ 日本国籍または米国市民権の保有者。 もしくはその他の国籍保有者で、日本または
 米国に長期にわたる研究拠点を有する者。
・ 博士号 (Ph.D.)もしくは当該分野での最高学位、または専門分野での同等の経験を
 有する者。
・ 語学の習得度については資格上の要件ではありませんが、申請する調査研究の内容
 からして語学力が不可欠と判断されるものについては、プロジェクトを完遂させるた
 めに必要十分な語学力の証明書を提出することが求められます。
・ 学界以外の専門家からの申請も歓迎します。ただし、安倍フェローシップによる研究の
 成果が、その課題に関する既存の知的蓄積に寄与することが期待されています。
 なお、ジャーナリズムに携わっている方は「安倍ジャーナリスト・フェローシップ募集要項」をご覧下さい。
・ 重要な政策課題に関する研究または具体的政策提言を意図する研究の場合、その
 目的や内容が党派的とみられるものは安倍フェローシップの対象となりません。
■助成額
研究費、渡航費、滞在費、および給与補償分が支給
■締め切り
9月1日
■詳細
http://www.abefellowship.info

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

NEDO技術開発機構【予告】
「イノベーション推進事業」のうち、エコイノベーション推進事業
■対象分野
環境重視・人間重視の技術革新・社会革新(エコイノベーション)の創出に資する研究テーマ
■申請資格
企業(団体等を含む)
大学・独立行政法人等(国立大学法人含む)
技術移転機関(TLO)
地方公共団体
NPO等非営利団体
■助成額
未定
■締め切り
平成21年8月中旬
■詳細
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/CA/eco-innovation/H21/nedokoubo.2009-06-17.0393389075/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

NEDO技術開発機構【予告】
産業技術研究助成事業(若手研究グラント)の平成21年度第2回公募について
■対象分野
1. 革新的融合分野
 新たな価値の創出を目指す分野融合的な技術を提案してください。特に革新性に優
れていれば、すぐに実用化に至らない基礎的な段階の提案でも構いません。
2. インターナショナル分野
(1)革新的技術の国際研究連携
我が国の持続的な発展のための革新的技術であって、国際的な融合による研究開発
を必要とする分野
(2)社会ニーズ対応型国際研究連携
我が国の持続的な発展のための技術開発であって、「暮らし」の安全確保を図る課題、
地球環境や国際エネルギー需給などのグローバルな課題や、国際社会に必要とされ
る標準の策定等、国際社会のニーズに対応する分野
■申請資格
大学・研究機関等の若手研究者(個人又はチーム)
■助成額
直接経費及び間接経費(直接経費の30%相当額)
■締め切り
8月31日(予定)
■詳細
https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/CA/nedokouboplace.2008-03-12.5428342812/copy_of_nedokoubo.2008-12-01.2534923862/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――






ICET - Center for International Cultural Exchange of Technology
Nagoya, Japan and Berkeley, California