Registration: 2006/11/05
Category: ドキュメンタリー
Subject: One fine 356 day
Length: 2:00
Format: MP4
Producer: Aqua co,.Ltd / Takeda Tomomi
Contact:
ピットロードでクルマを停め、しばし休憩
はやる気持ちを抑えるよう、自分に言い聞かす
オフィシャルの合図でキーをひねり、燃料ポンプの作動を確認
もう一段ひねるとスターターがまわり、エンジン始動
水平対向フラット4は、今日もご機嫌…に違いない
あんなにチェックしたのだから…
フラッグに促されてスタートし、ホームストレートへ進入する
すぐの1コーナーは、いきなり13Rのヘアピン
ゆっくり回ってからステアリングを左右に振りタイヤを暖める
今日の設定では複合のゆるい2コーナーは、その間に通過
15Rの3コーナー、20Rの4コーナーを回り終え
バックストレートでスロットルを床まで踏み込む
もう、意識が溶ける、心と身体がクルマと一体化する
さあ、ここからがサーキット・ラン本番だ

 2006年8月27日、知多半島の美浜サーキットで開催された、Porsche 356 club of Japan走行会のドキュメンタリーです。コンピュータ制御された現代のデジタルカーでは味わえない、アナログカーの走りっぷりの一部をお楽しみください。

 メインでとらえている29号車pinkpigは、少し以前のル・マン24時間レースに出場した917のカラーリングを模した356。この日がシェイクダウンでした。カラーリングの意味は、ドイツ語の辞書をひも解くと、たちどころに理解できる…はず。